Philippines進化するフィリピン近代市場

進化するフィリピン近代市場

今、アジアの中で注目を集めているフィリピン。進化するフィリピンの近代市場とは?

2014年のGDPは2017年と比べ、1.9倍に増加しています。これはASEAN諸国の中で伸び率はインドネシアに続き2位となっています。アジアの中でも注目を集めているフィリピンの近代市場とは?

東南アジアで最も注目されているフィリピンの経済成長とは?

東南アジアでもっとも注目されているフィリピンの経済成長とは?

フィリピンは今東南アジアで最も注目されている国です。その経済成長は著しく、今後35年は経済成長をし続ける国とされています。 社会情勢の混乱からアジアの病人とまで呼ばれていた国がなぜ今こんなにも注目される国になったのでしょうか?

人口増加、若く豊富な労働力

フィリピンの強みは人口の多さ、そして平均年齢の若さです。フィリピンの人口は2014年に1億人を突破しました。その出生率は3.08人と東南アジアでは一番の出生率となっています。
そして 何よりフィリピン人の平均年齢はとても若く約23歳。
日本の平均年齢は45.2歳とその差は歴然。フィリピンに行けば若い子達が多い!と肌でも感じることができます。
つまり、若い世代が多く、働き盛りの世代が多いということです。人口ピラミッドで見ても0歳から4歳が一番人口が多いとされ、今後何十年労働者が増え続けるとされているのです。

フィリピンの国民性、購買意欲の高さ

フィリピンの国民性の中にとても高い購買意欲というものがあります。
日本人にとっては長年、貯蓄が美徳とされていました。しかし、長年経済不安が続いたフィリピンは貯蓄をしてもお金の価値が変動してしまう時代が続きました。そのためお金はあるうちに使ってしまおう!という考えになったのです。
フィリピンは基本、月に2回給与があるのですが給与前には全てのお金を使ってしまうというような購買意欲があるのです。
つまり、購買意欲の強い国民性があるフィリピンで商売がしやすいということ、そのことからフィリピンで起業するという日本の企業やフィリピン市場へ参入をする日本の企業が多くあるのです。

投資、ビジネスチャンスが潜む国フィリピン

このことからフィリピンは沢山のビジネスチャンスが潜む国です。人件費も安くタガログ語の他に英語を公用語として使えるフィリピン人はとても良い人材です。また、日本へ出稼ぎにきているフィリピン人も多いため、日本語を話せるフィリピン人も多くいます。 フィリピンは、今後確実に経済成長を見せてくるでしょう。 不動産などの物価が上がることからコンドミニアムなどの投資をしている人もいます。 フィリピンはビジネスチャンスに投資に今、アジアで一番熱い国と言っても過言ではないのです。

←トップページへ戻る

CONTACT

お問い合わせ種別(複数選択可能)

お名前
必須項目・入力してください。
メールアドレス
必須項目・入力してください。
電話番号
必須項目・入力してください。
お住まいエリア
渡航場所
(複数選択可)
その他・質問等
※どんな質問でもお気軽にご相談ください。